リースキン中堂薗について

トップページ > リースキン中堂薗について > 代表者挨拶・経営理念

代表者挨拶・経営理念

仕事に自信と誇りを持てる会社づくり。それこそがお客様に喜びと感動を提供していける。

 先代社長が創業して34年の会社を平成23年4月から2代目社長として引継ぎました。

自分はまだ30歳。
会社に入社して10年間、ビルメンテナンス業の勉強と現場をこなしてきました。

ビルメンテナンスの同業者は宮崎県内では大小約500社程度あり、価格の競争が激化しております。

そのなかで当社は小林市、都城市、宮崎市の顧客があり、主な業種は病院関係、福祉施設がメインとなっています。

その他レストランや事務所、店舗、スーパーなどの定期清掃、またハウスクリーニング、住宅の室内清掃,公共施設など幅広いお客様に支持をされております。

更に私たちは清掃技術の向上と、お客様の衛生管理にお役にたつ情報を提供し、会社全員が人間としての学びを高めることが求められていると考えています。

幸いにも、5年前に「ウルトラフロアケアシステム」に出会いました。

当時、我が社は「お掃除やさん」のイメージからプロフェッショナルなビルメンテナンスの改革をしなければ「やり甲斐が持てない」と悲観的に思っていたのです。

「ウルトラフロアケアシステム」は、世界的にも環境に厳しいカナダ政府が認証した洗剤やワックスを資材とする画期的なシステムです。

既存の清掃の考え方とは大きく異なり、ワックス自体が黄変しないことはもとより、環境にとっても、排出する汚水は100%自然に生分解することで作業する人も安全、又お客様にも安心を提供できることで、社会的な責任も果たすことが出来ます。

安全な資材は機械にも影響がなく、いまではコンピューター搭載の自動床洗浄機が広いフロアでも「早くきれいに」作業することができております。

当社は「きれいの創造」を事業理念とし、またその人間性も一段と高い向上心をもつことが求められます。

仕事に自信と誇りをもてる会社づくりがお客様に喜んでいただき感動を提供していけるものと思っています。

私達は社員との共育ちとそれぞれが自己実現できる会社づくりを目標とし、そのことが地域の発展や地球環境の保全に役にたつなど、広い視野での経営に向けて頑張る覚悟です。

平成23年3月1日

代表取締役社長 中堂薗 孝二

経営理念

きれいを創造し人と人とのふれあいを大切にする地域づくりに貢献します。

一. 私たちは優れた技術と誠意あるサービスを提供しお客様に喜んでもらいます。

一. 私たちは人間性を高めあい力を結集し個性を発揮しあいます。

一. 私たちは自分たちの仕事に誇りを持ち豊かな人生を実現しあいます。